【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

  1. ホーム
  2. 重症化を防ぐ方法

重症化を防ぐ方法

レディ

早期発見と治療が大事

もし自分や自分の家族や友人など、身近な方がうつ病を発症した場合、あるいはその疑いを持つような症状が現れた場合には、どのような対応を取ればよいのでしょうか。最も一般的な方法としては、医師の診断を仰ぐことです。うつ病は今や現代病とも呼べるほど蔓延しており、その患者数も増加傾向にあります。そのため、対処可能な医療機関も増加しています。心療内科を探すことはそう難しい事ではないでしょう。しかし、心療内科や精神科などで治療を受けることに抵抗を持つ方もいらっしゃることでしょう。周囲の方からの強い後押しがあってなお「うつ病であることを認めたくない」とか「薬の副作用が気になる」などの理由から受診を拒否する患者さんも少なくありません。また、自分がうつ病を発症しているという自覚を持たない方も多くみられます。このような患者さんの場合には、思うように説得が上手くいかず、かえって意固地になってしまい、受診の拒否を続けてしまうことがあります。その結果、病状を悪化させてしまい、日常生活にも大いに支障をきたすケースも考えられます。このような状況に陥らないために、医療機関を受診する前に自己診断を行うことをお勧めします。専門医以外がうつ病であるか否かを判断することは難しく、自分や家族がうつ病であることを認識することができないケースも多々見られます。病気への対処が遅れると、症状が悪化し、入院措置が取られる場合もあります。早めに医療機関を受診するためにも、自分や家族の言動などに疑問が生じた場合には、チェックをしてみる必要があるでしょう。うつ病であるか否かのチェックは、専用のチェックシートなどで簡単に行うことが可能です。チェックシートはインターネット上で公開されており、無料で利用することが可能です。設問に対し回答をチェックするだけで、診断を行うことができます。また、うつ病と併発しやすい睡眠障害の有無についても診断することが可能です。この診断結果を印刷し、医療機関へもっていけば相談もスムーズに行うことができるでしょう。自分ではなかなか気づくことができないうつ病の症状の有無などがすぐにわかるため、自己管理のためにも定期的に行うことをお勧めします。さらに、自分だけではなく家族に対しても行うことができるため、過程全体のメンタルチェックを行うこともできます。