通いやすい病院を選ぶ|【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

  1. ホーム
  2. 通いやすい病院を選ぶ

通いやすい病院を選ぶ

ナース

根気強く治療をしよう

社会においては長時間労働が大きな問題となり、働き方について見直しが進められています。働き方の問題には、長時間労働だけではなく、様々なストレスが引き起こされることもあります。うつ病になる人はまじめな人が多いと言われますが、まじめな人が病気にならないようにする社会にしていく必要があります。自分でうつ病を発症しているとはなかなかわかりにくいので、専門医の診断を受けることが必要です。人の性格がひとそれぞれに異なるのと同様に、うつ病の症状は人によって様々に異なります。しかし、一般的には、気分的には、抑うつ気分や興味の著しい減退が見られます。身体面では、体重や食欲の増加や減少、不眠あるいは過眠などの問題が現われます。さらに倦怠感などがありますが、これらの症状が長期にわたって続くとうつ病が疑われます。この状況が発生し、その後に突然元気になって異常なハイテンションになる躁状態が起こります。この症状と躁状態が交互に繰り返して起きる双極性障害と診断されることもあります。長時間労働とそれによるうつ病の発症などにより、うつ病は社会的な問題となっています。反面、メンタルヘルス不調に対する正しい理解が広まり、認識も深まっています。このため、労働安全衛生法の改正により導入されたストレスチェック制度を利用したり、周囲の人間からの指摘を受けたりした場合は、早めに専門医の診断を受けることが重要です。もし、うつ病の診断を受けた場合は、医師の指示に従うことが肝要です。うつ病から回復するためには、休息がまず第一に必要です。しかし、社会人として生活する以上は、まとまった休息を取ることはなかなか難しいことです。そのため、通院をしながら服薬治療を続けることになります。治療は長期にわたる場合が多いので、通勤経路にある病院を選ぶなど、通いやすい病院を選ぶことが大切です。また、病気の進行状況や回復の度合いは、患者の様子や話しぶりからしかわかりません。このため、患者の訴えに耳を傾けてくれる専門医がいる病院を選択することが第一です。主治医の指示に従って根気よく治療を続けることが大事です。