心の病気を治療するには|【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

  1. ホーム
  2. 心の病気を治療するには

心の病気を治療するには

病院

本人が自覚しない事も多い

うつ病の症状は体と心の両面にあらわれます。体の場合は頭痛や食欲不振、疲労感など様々な症状があります。また心の場合は何事にもやる気が出ずに不安感やゆううつな気分に悩まされます。これらの症状は人によって様々で、放置しておけばさらにひどくなることもあります。うつ病を発症しても本人が病気だと自覚しないことも多く、周囲がそれに気づいて診断を勧めることが大切です。ではうつ病はどのようなクリニックで受診すれば診断できるのでしょうか。まずは精神科か神経科、心療内科といった心の病気を扱うクリニックで診察してもらいましょう。うつ病と診断されたら精神科で治療を始める事になります。神経科は主に脳や神経などの病気などに対応しており、心療内科は心身症などの治療を行います。治療は長期間にわたるので自宅から通いやすいクリニックを選ぶことも大切です。また治療内容はカウンセリングや内服薬などを使って行われます。カウンセリングでは自分の内面をさらけ出した話もするので、心を許せる相性の良い医師を見つけることも大切です。うつ病を発症しやすい人は真面目で几帳面、仕事熱心な人が多いと考えられています。そのような人がストレスや病気などが誘引となってうつ病を発症してしまうのです。うつ病の治療の費用は症状の程度やクリニックによって異なってきます。通院できる場合はカウンセリング料や内服薬などの費用が必要です。また症状が重く入院する場合は室料や食費なども必要で、入院日数によって料金もかなり違ってきます。収入の少ない人によってはかなりの負担となることもあり、その場合は自治体の自立支援制度を利用することもできます。これは一定の金額以下の収入なら自治体に申告すれば医療費の負担額を減らすことができます。申告するには医師の診断書が必要ですが、これは2〜3千円程度が相場です。うつ病と診断されても、軽い場合は通院しながら仕事や家事などをしている人もいます。この病気は治療も再発することが多く、内服薬も継続して使用することが大切です。クリニックを探す際には評判や治療費の相場などを調べてみることも大切です。