【心の不調を明確化】うつ病の簡易診断を利用してみよう

心の病気を治療するには

病院

うつ病は精神科か神経科、心療内科のいづれかで診断することができます。治療は精神科でカウンセリングや投薬などで行われます。症状が重い場合は入院することもあり、費用の負担が多い場合は自立支援制度などを利用することもできます。

自己判断が難しい精神病

医者

精神病は自分では気づきにくい病気です。精神病の中でも頻繁に見られるうつ症状ですが、自分では罹患していることが判断できていないことがほとんどです。いつもと様子がおかしいなと思ったら、すぐに医師の診断と投薬につなげることが大切です。

通いやすい病院を選ぶ

ナース

抑うつ気分が長期間にわたる症状が主である場合と、異常なハイテンションが交互に現われる双極性障害に診断されます。治療は投薬が主として行われますが、期間が長期化します。このため、通院しやすい病院を選ぶことも大事です。

診察を受けよう

婦人

うつ病は、深刻な社会問題となっていますので、正しい認識も広まりつつあります。心療内科数も増えていますが、その症状を自分で自覚することが難しいため、早期発見、早期治療に結びつかないケースもあります。専門医の診断、総合病院の受診が大切です。

重症化を防ぐ方法

レディ

うつ病は、近年、若年層の患者数も増加傾向にあり、誰がいつかかってもおかしくない病気であるといえます。早期治療により重症化を防ぐことができる可能性があります。定期的な自己診断を行い、自分や家族の健康維持に努めましょう。

仕事が捗らないと感じたら

男の人

まずは簡易チェック

この頃、仕事や勉強が上手くいかない事や失敗が続いて気分が落ち込んでいる。それが数週間から数か月続いているようならば、一度うつ病の簡易チェック診断をしてみましょう。インターネットで検索すればいくつもヒットします。内容は様々で、チェックするサイトによっては結果が変わることもあり得るので複数のサイトを使ってみましょう。人によってはかなり重篤になっている可能性があるので、簡易診断はほどほどにして早めに心療内科や精神科へ受診することをお勧めします。そこでうつ病であると診断されれば、診断書を作成してもらえるようになります。しかし、すぐにではありません。何度か通院し、治療をしていることが前提になります。診断書を作成してもらえるメリットとして、会社勤めの方は休職願を出せます。大学生の方などは休学願いの書類として使えるでしょう。特に、うつ病は他の精神疾患と比べて病名が分かりやすく周囲の理解も得られやすいでしょう。途中から病名が変わることもありますが、周囲には何らかの病気を抱えているのだと配慮してもらいやすくなります。うつ病であると診断されると、大抵の病院では投薬治療になるでしょう。あとは随時、カウンセリングなどを受けることもあります。そこで注意しておきたいことは、薬を大量に処方する医者はなるべく避けた方が良いでしょう。必要以上の薬を飲んでいると、余計に悪化してしまうケースもあります。なるべく少ない量で、生活のリズムを整えることが治療の第一歩です。自分はそういった病気にならないと考えていても、どこかに落とし穴はあります。少しでも調子が悪いなと感じたなら早めの対処をした方が良いです。病院によっては遅くまで診察している所や、ネットで予約が取れる所もあります。まずは簡易チェック診断をしてみて、ちょっとでも気になるならうつ病治療を行っている病院へ行きましょう。近年、企業でも社員のメンタルケアは重要なものとなっています。自分が精神疾患になっていなくとも、管理する側の方は少しでも知識を得ておくべきです。そういった意味でも、心療内科や精神科のホームページを閲覧するだけでも勉強になります。実際に自分でもチェックを行ってみるのも得策です。